CONCEPTプログラム

高校(研究コース)

これまでの科学知識・実験経験を活用し、課題解決型実験に取り組む

「研究コース」では、自分たちで実験計画を立て実験を行います。結果から課題の答えを導き出したり、さらに改良した計画を立てたり、レポートにまとめたりなど、能動的に科学を学ぶ講座です。サイエンスラボが、高校生の間に経験してほしい内容を厳選して指導いたします。
大学入試改革などで求められている力として、3つの要素「知識・技能」「思考カ・判断カ・表硯力」「主体性・多様性・協働性」があげられますが、本講座でも、これらの総合的な力を伸ばしていきます。もちろん大学進学だけでなく、大学での研究やこれ からの将来に役立つ経験値となリます。

研究コースの特徴

「筋道を立てて実行する力」・「情報から判断する力」・「人と協働しながら自分の考えを伝える力」
の育成を重視したカリキュラムです。

実験プログラム

  • 第1回
  • 酸と塩基が出会うとき

    中和点と指示薬変域の測定

    様々な種類の薬品を使って中和点を求めます。また実験結果からそれぞれの薬品の性質を分析します。

  • 第2回
  • 色もいろいろ

    炎色反応などを用いた金属の定性分析

    金属を色で分析!?系統分析や炎色反応などを用いて、溶液に含まれる金属の定性分析や分離を行います。

  • 第3回
  • とける金属!?

    特定の融点を狙った低融点金属の作成

    金属は合金にすると元の金属よりも融点が下がります。融点降下を利用して、狙った融点となる、とける金属を作成します。

  • 第4回
  • その姿を映し出せ!

    鉄錯体の合成と色変化と青写真の映し出し

    光・温度・pHなど、外部からの影響で発色する物質があります。その特性を利用して、精巧なコピーを作ります。

  • 第5回
  • 各自テーマ

    半年間で自分の研究テーマを決めます。各自が仮説や実験計画を立てて、実験しながら答えを出していきます。

  • 第6回
  • 各自テーマ

    必要な追加実験を行い、自分の研究結果をまとめます。研究をまとめる経験を楽しんでください。

※カリキュラムは予定です。内容や実施月等は変更する場合がございますので、予めご了承ください。

※写真はイメージです。各自の実験計画によって、実験操作が異なります。

お申込み・お問い合わせは
こちら

0120-078-668 受付時間:11:00〜17:30
(定休日:水曜・日曜)