授業の流れ

「予測」「実験」「考察」の3ステップを通して
科学的な思考がぐんぐん育つ。

授業は「予測」に始まり、「実験」「考察」と続きます。テキストも同じ構成をしており、実験の解説や実験記録などを書き込む欄もありますので、実験後にテキストを見直すことで、実習内容を確認・再現できます。

予測

実験前に結果を予想!

実験をする前にどんな結果になるのか予想します。
先生から与えられるヒントをもとに、予想することで実験のイメージがふくらみます。

実験

自分の手で確かめよう!

さまざまなパターンの実験を試しながら、実験結果をテキストに書き込みます。
工夫をしながら自分の手で確かめることが大切です。

考察

分かったことをまとめよう!

実験の結果からわかったこと、気付いたこと、感じたことを整理し、テキストや実験記録ノートに記入します。